債務整理後は海外旅行に行けなくなる?パスポート取得はできる?

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_R

債務整理をするとデメリットがありますが

  • 債務整理後に海外旅行に行くことはできるのか?
  • 債務整理後でクレジットカードがない場合の代用品はないのか?
  • クレジットカードなしで海外旅行に行くときの注意点とは?

など気になることがあると思います。

そこで債務整理後の海外旅行について詳しく説明していきます。

1.債務整理をしても海外旅行に行ける?

債務整理をしても、何の問題もなく海外旅行に行くことはできます。

任意整理・個人再生・自己破産どの債務整理の方法でも、債務整理後に海外旅行に行けなくなるということはありません。

なので、債務整理をしても将来海外旅行に行きたいときには何の制限もかかりません。

・任意整理や個人再生の手続き中は控えたほうがいい

任意整理や個人再生の場合、手続き中であっても海外旅行を禁じる法律はありません。

しかし、債務整理は借金の返済に困って行うものです。

なので、手続き中に海外旅行に行くと、債権者に印象がよくありません。

バレることはほとんどないと思いますが、万が一バレた場合には、債権者の反対で手続きが難しくなる可能性もあります。

手続きが終わった後であれば、毎月の返済をきちんと行っている限り債権者は文句を言ってきません。

なので、もし海外旅行に行く場合には、債務整理の手続きが終わった後にしてください。

・自己破産の手続き中は自由に海外旅行にはいけない

基本的には債務整理を行っても海外旅行に行くのに制限はかかりません。

ただ自己破産の手続き中は遠出をするときに裁判所の許可を得る必要があります。

これは財産を隠されると困るため、念のために裁判所の許可が必要になります。

そのため自由に海外に行くことはできません。

ただ基本的に申請すれば海外に行くことは許可されます。

なので、仕事でどうしても海外に行かなければいけないという場合に海外に行けないなんてことはありません。

 

「債務整理をして海外旅行に行けなくなると困る」と心配していたのであれば、特に問題ないことが分かったと思います。

返済が苦しい状況にあるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのかだけでも専門家に聞くことをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

2.債務整理後にパスポート取得に制限がかかるのか?

まず結論から言いますと債務整理をしても、パスポートの取得に制限がかかることはありません。

任意整理・個人再生・自己破産のどの債務整理でも制限がかかることはありません。

すでに取得済みのパスポートが使えなくなることもありません。

・パスポートの取得に制限がかかる場合とは?

パスポートの申請や取得については、旅券法という法律で詳しく決まっています。

旅券法第十三条に一般旅券の発行等の制限が書かれています。

第十三条 外務大臣又は領事官は、一般旅券の発給又は渡航先の追加を受けようとする者が次の各号のいずれかに該当する場合には、一般旅券の発給又は渡航先の追加をしないことができる。

具体的にはどんな人がパスポートの発給が禁止されるのかと言いますと、

  • 渡航先の法律でその国に入ることを認められない人
  • 死刑・無期懲役・長期二年以上の刑で逮捕状・拘留状が発せられている人
  • 禁固刑以上の刑を執行されている人
  • パスポートを偽装した人(未遂も含む)
  • 国益に害があると外務大臣に認められた人

債務整理をしてもどれにも当てはまらないので、何の問題もなくパスポートを発行できますよ。

3.債務整理後に海外旅行に行くときの注意点!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)をしたらブラックリストに登録されてしまうので、クレジットカードが作れなくなってしまいます。

また、今持っているクレジットカードも解約されることもあるので、実質的にクレジットカードが使えなくなってしまいます。

※例外的に解約されないこともあります。

海外旅行では、クレジットカードによる決済が主流な地域も多かったり、身分証明書代わりにもなったりすると言われています。

債務整理後はクレジットカードがないと多少不便な思いをするかもしれませんが、海外に行くことはできます。

パスポートが発行されれば、海外にはいくことができますからね。

また、パスポートが身分証明書代わりになるので、本人確認が必要な場合はパスポートを見せればOKです。

4.債務整理後にクレジットカードなしで海外に行く場合の対処方法

・現金は分けて持ち歩く

クレジットカードがないと買い物をするとき現金で支払う必要があるので、多額の現金を持ち歩く必要があります。

海外は日本ほど治安もよくないので、現金を持ち歩く際には注意が必要です。

長財布を後ろポケットに入れておく、なんて状態にしておいたらすぐに盗まれてしまいます。

万が一盗まれたときのことを考え、現金を持ち歩くときには、一つの財布にすべて入れるのではなく、分散しておくといいですね。

例えば、2、3つ財布を用意しておいて、1つは手荷物の中、1つは大きなカバンの中などに分散して万が一の時に備えるといいでしょう。

・デビットカードを作る

債務整理をすると、クレジットカードが作れなくなりますが、クレジットカードと似たような感じで使えるカードを作ることができます。

例えば、デビットカードを作って海外で使うというのもあります。

債務整理後でもデビットカードは新しく作ることができます。

デビットカードは即時決済で、すぐに銀行から引き落とされるようになっているので、クレジットカードと違いカード会社が損をすることがありません。

銀行口座の預金が足りない場合には、決済ができなくなっています。

こういった仕組みになっているので、デビットカードを作るときの審査では信用情報などの情報は見られません。

銀行口座を持つことができれば、デビットカードを発行することができます。

 

デビットカードは口座に入っている分のお金しか使えないので、海外に行く場合にはあらかじめお金を入金しておくといいでしょう。

どうしても海外で現金を持ち歩くのが嫌だという場合には、こういったクレジットカードの代わりになるカードを作るようにしましょう。

まとめ

債務整理をすると、クレジットカードが使えなくなりますが、海外に行くことはできます。

クレジットカードがなければ、現金を持ち歩くか、デビットカードを作りましょう。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

 

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ