債務整理後でもクレジットカードを使う方法と注意点と徹底解説!

債務整理をするとクレジットカードを残すことはできないとよく言われています。

しかし中には債務整理をしてもクレジットカードを使えるという人や更新できたという人もいます。

債務整理後でもクレジットカードを更新できた人にはどんな特徴があるのか気になりますよね。

そこでこの記事では債務整理後にクレジットカードを使える方法について詳しく説明していきます。

1.債務整理後はクレジットカードは強制解約?手続き後も使える条件とは?

実は債務整理をしてもクレジットカードがすぐに解約される場合としばらくの間使える場合があります。

・債務整理をしてすぐにクレジットカードが解約される場合

クレジットカード会社を債務整理の対象に入れた場合は、すぐに解約される可能性が高いです。

例えば、自己破産をするときにはすべての借金を対象としなければいけません。

その中にはクレジットカードのキャッシング枠はもちろんショッピング枠も含まれます。

弁護士に債務整理を依頼した時点でクレジットカード会社に受任通知を送ります。

クレジットカード会社はこれ以上損害が出ないように、クレジットカードを強制解約することになります。

・債務整理をしてもしばらくクレジットカードが使える場合

クレジットカード会社を債務整理の対象に入れない場合は、しばらくの間クレジットカードが使える可能性があります。

例えば、任意整理の場合には借金を整理する相手を選ぶことができます。

クレジットカードでキャッシング機能を使っているわけではない場合、任意整理の対象から外すと思います。

その場合には債務整理を弁護士に依頼してもクレジットカード会社に受任通知を送らないので、すぐにはバレません。

また、全く使っていないクレジットカードの場合も手続きをする必要がないので、個人再生や自己破産の場合でも残すことができます。

2.クレジットカードを残せても強制解約になる場合も

債務整理をすると、信用情報に事故情報が載ります。

これはいわゆるブラックリストに載るというもので、新しくクレジットカードを作るときの審査に通らなくなります。

また新規のクレジットカード作成だけでなく、今まで使っていたクレジットカードにも影響を及ぼします。

そのため債務整理後にいきなりクレジットカードが使えなくなる可能性があります。

どういったタイミングに残ったクレジットカードが解約されるのかと言いますと以下の通りです。

  • クレジットカード会社が与信を行った場合
  • クレジットカードの更新のタイミング

・クレジットカード会社が与信を行った場合

一般的なクレジットカード会社では、与信といって、数か月ごとに顧客の信用情報を確認することがあります。

そのチェックの時に、債務整理をしたことが分かってしまうので、解約されることがあります。

ただし、すべてのクレジット会社が定期的に与信を行うわけではなく、さぼっている会社もあります。

その場合は、ずっと債務整理をしたことが分からないので、継続してクレジットカードを使えます。

・クレジットカードの更新のタイミング

与信はさぼっている会社もありますが、更新時にはすべてのクレジット会社が信用情報を見ます。

なので、その時に債務整理をしたことが分かってしまいますね。

遅くとも更新時にはクレジットカードが使えなくなると可能性が高いです。

3.債務整理後でもクレジットカードが更新できる場合もあるって本当?

ネットを見ていると「債務整理後にクレジットカードが更新できて自宅に送られてきた」という声を発見することもあります。

基本的にはクレジットカードの更新は無理なはずなのにどうして更新できて自宅に送られてくるのでしょうか?

あくまで例外的な事例ですが、債務整理でもクレジットカードが更新できる可能性はあります。

・クレジットカードに損害を与えていない場合

クレジットカードの更新まで1回も遅れずに毎月支払いをしていた場合であれば、強制解約されずに済む場合があります。

1回も遅れずに支払っているのであれば、クレジットカード会社には何も損害がないわけです。

信用情報的にはアウトですが、クレジットカード会社の顧客情報的にはありと判断されることがあります。

長い間きちんと支払っているのであれば、クレジットカード会社に対して信用が積み重なるわけです。

信用情報はあくまで一つの基準でしかないので、他の条件がよければクレジットカードの利用を受け入れることもあります。

なので、債務整理後もクレジットカードを使い続けたければ、1回も支払いを遅れることなくきちんと支払うことが、継続して使うためのポイントとなっています。

・ほとんど使っていない未使用のクレジットカードの場合

ほとんど使っていない未使用のクレジットカードの場合、更新時に途上与信や審査が入らないケースがあります。

審査をするにもチェックする人件費がかかるので、使われていないクレジットカードは審査がスルーされる可能性があるのです。

「債務整理後にクレジットカードが更新できた」という人は放置して使っていなかったクレジットカードである可能性が高いです。

もし債務整理する前に複数のクレジットカードがある場合、ほとんど使わないクレジットカードを用意しておくと、更新を乗り切ることができます。

仮に一つダメになっても、他のクレジットカードを使うことができます。

4.債務整理後、クレジットカードの新規作成ができない期間は何年?

債務整理をしてクレジットカードが強制解約となった場合、すぐには新しいクレジットカードを作ることができません。

しかしずっとクレジットカードが使えないわけではありません。

ブラックリストには永遠に載っているわけではなく一定の期間が経過すれば削除されることになっています。

その期間は何年かと言いますと

  • 任意整理:5年
  • 個人再生:10年
  • 自己破産:10年

となっています。

この期間が経過すればブラックリストから情報が消えて、新しくクレジットカードを作ることができます。

・ブラックリストから消えても前と同じクレジットカードは作れない

しかし注意してほしいのは以前と同じクレジットカードは作れない可能性があります。

というのもブラックリストの情報は一定の期間で消えるのですが、社内情報には削除の制限がありません。

クレジットカード会社が債務整理をしたという情報を記録していることが多いので、同じクレジットカードは作れない可能性が高いのです。

特に債務整理をして損害を与えたクレジットカード会社では新しく作ることはできないでしょう。

なので、ブラックリストから消えてから以前は使っていなかったクレジットカード会社で作ることをお勧めします。

5.ブラックリストから消えなくてもクレジットカードを新規作成するポイントは?

一般的にはブラックリストから情報が消えていないとクレジットカードの新規作成は難しいです。

しかし、ネットの情報を見ていると、

「3年前に任意整理したけど、知り合いに頼まれてクレジットカード作ったら、審査が通った」
「4年前に任意整理し完済後にクレカの申し込みをしたら作れた」

などの情報を確認しました。

債務整理の中でも任意整理であれば、5年経過する前にクレジットカードが作れる可能性があります。

もちろんすべての人が作れるわけではありませんが。

どういった場合にクレジットカードが作れるのかというと以下の3つのパターンがあります。

  • 任意整理した借金を完済していること
  • 支払い能力が高くなること
  • 知り合いに頼まれてクレジットカードを作る場合

・任意整理した借金を完済していること

審査を通しやすくするための最低条件と言ってもいいのが、完済していることです。

信用情報機関には、任意整理をした事実だけでなく、返済中か、完済したかの情報も載っています。

返済中だと、まだお金に余裕がないと思われるので、審査は通りにくいです。

しかし、完済しているのであれば、返済していたお金分の余裕があるはずなので、審査が少し通りやすくなります。

・支払い能力が高くなること

債務整理を行った後に、転職して、年収や社会的地位が大幅に上がったとします。

そうなれば、支払い能力が上がるので、クレジットカードを作ったとしてもきちんと支払ってくれるとみなされやすくなります。

例えば、大手企業で年収1000万円になれば、安定した収入が予想されるので審査が通りやすくなるということです。

・知り合いに頼まれてクレジットカードを作る場合

例外的な方法ではありますが、知り合い(クレジットカードの社員)に頼まれてクレジットカードを作る場合は、社員がある程度調べていることが前提になっているので、審査が甘くなるケースがあります。

こちらから頼むことで、審査が通りやすくなるのかは不明ですが、もしも知り合いにクレジットカードの社員がいてノルマに困っているようであれば、申し出てることでクレジットカードが作れる可能性があります。

6.債務整理後はデビットカードの利用がおすすめ

債務整理前に全く使わないクレジットカードを用意すれば、手続き後もクレジットカードを利用することはできます。

ただいつ使えなくなるか分からないものです。

また確実にクレジットカードを使うことができる方法というのがないのが現状です。

なので、万が一の時に備えて、あらかじめデビットカードを作っておくことをおすすめします。

デビットカードはクレジットカードと違って審査がありません。

債務整理後でもデビットカードは新規発行できます。

分割払いやリボ払いはできず一括払いのみになりますが、それでもほとんどクレジットカードを同じように使うことができます。

公共料金の支払いにも対応しているデビットカードも登場しています。

便利に使えるので、デビットカードを1枚持っておくことをおすすめします。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ