債務整理後は賃貸物件を借りられる?更新できずに追い出される?

債務整理 賃貸物件

  • 債務整理後は賃貸物件を借りることはできるのか?
  • 任意整理をすると賃貸物件の更新ができなくなるって本当?
  • 債務整理をすると賃貸物件の連帯保証人になることはできないのか?
  • 自己破産をすると部屋を追い出されてしまうのか?
  • 債務整理後どんな場合に賃貸物件の審査が通らなくなるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の賃貸契約について詳しく説明していきます。

1.債務整理をすると賃貸契約の審査が通らず部屋が借りられない?

債務整理をするといくつかのデメリットがあります。

その一つにブラックリストに載るというのがありますが、これは賃貸物件を借りるときにも影響してくるのでしょうか?

結論をまず言いますと、債務整理後も賃貸物件を借りることはできます。

債務整理をしたらホームレスにならなければいけないとなったら、だれも債務整理なんてしませんからね。

賃貸物件を借りることは何の問題もありません。

 

賃貸契約の審査においては、不動産会社は信用情報をチェックすることはできません。

ブラックリストに載っているかどうかを相手に知られることもないので、債務整理後であっても問題なく部屋を借りることができるのです。

新しい部屋に引っ越したい場合には、自由に引っ越すことができますよ。

債務整理をしたからと言って、部屋を借りられることができなくなるというわけではありません。

なので、どうしても借金の返済が苦しいようであれば、一度弁護士に債務整理の相談をすることをお勧めします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

2.保証会社やクレジットカードが必要な物件は要注意!

基本的には債務整理後も賃貸物件を借りることができます。

しかし、一部借りることができない賃貸物件もあります。

それが賃貸契約を結ぶときに保証会社やクレジットカードを使わなければいけない場合です。

・家賃保証会社を使わなければいけない賃貸物件

不動産会社は信用情報をチェックできないのですが、信販系の家賃保証会社は信用情報をチェックできるのです。

ブラックリストに載っていると、信販系の家賃保証会社の審査が通る可能性が低くなります。

ただ家賃保証会社を使うと必ず審査に落ちるというわけではなく、独立系の家賃保証会社を使えば審査に通ることもあります。

家賃保証会社を利用する場合には、信販系の家賃保証会社は利用しないようにしましょう。

もし不動産会社に信販系の家賃保証会社を提案されたら、他の家賃保証会社を利用することができないかを聞いてみてください。

融通が利かないようであれば、不動産会社を変える必要があります。

・家賃がクレジットカード払いの必要がある賃貸物件

債務整理をしてブラックリストに載ると、新しくクレジットカードを作ることができません。

今まで使っていたクレジットカードも使えなくなります。

なので、クレジットカード払いが必要な賃貸物件とは契約を結ぶことができません。

3.債務整理をすると、更新できずに追い出されるって本当?

債務整理をしても新しく賃貸契約が結べるように基本的には更新で追い出されることもありません。

しかし、上記で説明したように家賃保証会社やクレジットカード払いの場合は更新できない可能性があります。

 

特にクレジットカード払いの場合は、更新できない可能性が高いです。

更新前の契約中であれば、事情を説明してクレジットカード払いから銀行振り込みに切り替えて住み続けられる可能性がありますが、更新となると話は別になります。

ほとんどの場合更新できないので、あまり期待しないほうがいいでしょう。

 

また家賃保証会社の場合は、信用情報をチェックする会社かどうかにもよります。

中には問題なく更新できたという人もいるので、更新を希望するのもいいと思います。

 

万が一、賃貸物件が更新できないようでも、保証会社やクレジットカードが必要のない部屋なら借りることはできるので安心してください。

家賃保証会社やクレジットカード払いでないのであれば、更新ができなくなるということはありません。

なので、もし借金の返済に困っているなら、とりあえず匿名無料で使える借金減額診断で借金がいくら減るかだけでも調べてみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

4.債務整理をすると賃貸契約の保証人や連帯保証人になれない?

債務整理をすると保証人や連帯保証人になれないとよく言われます。

しかし、この場合の保証人や連帯保証人は借金をするときのものです。

賃貸契約における保証人とは別物なのです。

賃貸契約と借金では全く別物なので、債務整理後でも賃貸契約の保証人や連帯保証人にはなることができます。

なので、債務整理後でも他の人が部屋を借りるときの保証人や連帯保証人になることができますよ。

 

ただし、やはり家賃保証会社やクレジットカード払いが必要なときには、保証人や連帯保証人になれません。

審査をするときに、部屋の借主だけでなく保証人の信用情報もチェックすることが多いので、審査が通らない可能性があるのです。

債務整理をした後に賃貸契約をするときには、家賃保証会社やクレジットカード払いの物件は注意しましょう。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ