カードローン返済がきついなら弁護士に相談がおすすめ

カードローン 返済 弁護士

カードローンの返済がきつくなった時、どこに相談すればいいか分からない人も多いと思います。

相談先の候補はカードローン会社と弁護士のどちらかになります。

それぞれの相談先でできることとできないことがあります。

その特徴を把握していないと間違った方に相談して状況を悪化させることもあります。

そこでこの記事ではカードローン会社に相談した場合と弁護士に相談した場合の両方について詳しく説明していきます。

1.まずは弁護士よりもカードローン会社に相談するべき?

借金の返済がどれくらいきついかにもよりますが、まずはカードローン会社に相談するのも一つの手段です。

カードローン会社に相談をすることで、毎月の返済額を減らすことができます。

多くのカードローン会社では最低返済金額があるので、その金額までなら毎月の返済額を減らすことができます。

ただ毎月の返済額を減らせば、トータルで支払う利息が増えるので注意してください。

 

あくまで一時的に返済額を減らすだけで、収入状況が改善されたら毎月の返済額を増やしたほうがいいです。

だらだらと借り続けているというのが一番利息を多く払うパターンです。

借金額を減らしても対応できそうにない場合や何年も借金の返済を続けているという場合には、弁護士に相談したほうがいいと思います。

 

ちなみにカードローン会社に相談をするときは、滞納する前に相談することが大切です。

滞納した後に返済額を減らしたいと言っても、少なくとも滞納金を全額払うまでは受け付けてくれません。

返済に困ったときには滞納する前に事前に返済額を減らすように相談しましょう。

・カードローン会社の返済を滞納し続けるとどうなる?

1~2か月の滞納であれば、滞納金を返済するだけでいいのですが、3か月以上滞納すると一括請求されます。

そうなると相談をしても無駄だと思ったほうがいいです。

一括請求をするということは、「もうあなたのことを信用できないので、お金を一括で返済してもらいます」という意味ですからね。

信用できない人がいくら「きちんと返済する」と相談をしてきてもそれをなかなか信じられませんよね。

 

一括請求されれば、滞納金だけでなくすべての借金を一括返済しなければなりません。

他のカードローン会社から借りればいいと思うかもしれませんが、3か月返済を滞納しているとブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載ると新しくローンを組むことができないので、一括請求されたあとに他のカードローン会社からお金を借りることはできません。

一括返済できなければ、カードローン会社は裁判を起こして給料や銀行口座の差し押さえを行います。

 

昔のように自宅に来て怖い取り立てがあるなんてことはありませんが、法律に基づいて淡々と借金の回収を行います。

給料の差し押さえとなると会社にも借金のことがバレてあまりい印象を持たれません。

なので、どうしてもカードローンの借金の返済がきつい場合には、早めに弁護士に相談をしましょう。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

2.カードローン返済がきついときに弁護士に相談すればとどうなる?

自力でカードローンを完済させるのが厳しいと思ったときには、弁護士に相談をするのがおすすめです。

・債務整理で借金を減らすことができる

カードローンの借金について弁護士に相談をすることで、まず一つ大きなメリットがあります。

それは借金の返済額を確実に減らすことができるという点です。

弁護士に借金について相談をした場合、債務整理を行うことになりますが、債務整理を行うと借金を減らすことができるのです。

 

一番効果の大きい自己破産を選択すれば、借金を1円も返済しなくてよくなりますからね。

病気になって無職になってしまい、どうしてもカードローンの返済ができないという場合には自己破産を選択することになるでしょう。

もちろん自己破産以外にも方法もあります。

 

カードローンの借金減額でよく行われるのは任意整理という方法です。

任意整理を行えば、借金を減額できたり、将来利息をカットして返済することができます。

カードローンの場合、金利が18%と高いので、利息がなくなるだけでもかなりの借金返済は楽になります。

借金額にもよりますが、数十万円の減額効果は出ると思います。

あなたの借金の金額や収入状況を見つつ、無理のない借金返済計画を立てることになります。

・債務整理にはブラックリストに載るデメリットもある

カードローンの借金を弁護士に相談することで借金を減らすことができるというメリットはありますが、当然デメリットもあります。

それはブラックリストに載る(信用情報に登録される)ということです。

ブラックリストに載ると、今後5~10年間お金を借りたりクレジットカードを使ったりすることができなくなります。

ただカードローンの長期滞納でもブラックリストに載ります。

返済できなければ、結局ブラックリストに載るわけですから、どうせなら借金を減らしてブラックリストに載ったほうがよくありませんか?

 

それ以外のデメリットや不都合というのはなく、普通の生活を送ることができます。

おそらくあなたが想像しているよりもデメリットは小さいと思います。

借金を減額できるという大きなメリットに比べたら、デメリットはかなり小さいですね。

それにカードローンの返済を滞納してもブラックリストには載るので、返済がきつくなっているのであれば時間の問題でしょう。

どうせブラックリストになるのであれば、早めにブラックリストに載った方がブラックリストの情報が消えるのもその分早くなるので、将来のやり直しができます。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

 

 

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ