カードローンの一括請求がきた!払えない時の対処法

Fotolia_41699955_Subscription_Monthly_XXL_R

消費者金融や銀行などのカードローンを長期間滞納していると一括請求が来ます。

ただでさえ返済が厳しい状態なのに、抱えている借金全額を請求されても困りますよね。

一括請求されて払うことができる人はほとんどいないと思います。

そこでこの記事ではカードローンの一括請求されたときどうすればいいのかについて説明していきます。

またどうしても借金を払うことができない場合の対処方法についても併せて紹介しています。

1.カードローンの一括請求に対応しないとどうなる?

カードローンの返済を延滞・滞納した場合の一括請求は2種類あります。

そのどちらかによっても対応が異なるので、それぞれ詳しく説明していきます。

・カードローン会社からの一括請求

カードローンの借金を2~3か月滞納していると、カードローン会社から内容証明郵便で督促状が届きます。

その中には「期限の利益の損失により一括請求を行います」というような内容が書かれています。

期限の利益の損失とは、分割払いが認められなくなるというわけです。

そのため期限の利益を損失すると「これ以上は分割払いで認めないので一括請求をします」というような督促状が届くのです。

これが届いた場合は、当然ですが残った借金と遅延損害金を合わせて一括返済しなければいけません。

・裁判所からの一括請求

カードローン会社からの一括請求を無視していると、裁判所からの督促状が届きます。

中に書かれている内容は同じなのですが、裁判所は法的な力を持っています。

裁判所からの一括請求を2週間無視していると、強制執行により給料や財産の差し押さえが実行されます。

強制的にあなたの借金の回収を行うというわけです。

強制執行となるとあとで紹介している方法を使っても、止めることはできません。

裁判所から一括請求が届いた時点であれば、まだ何とかできる可能性があるので、早めに対処するようにしましょう。

2.滞納して一括請求が来た時の対処方法

・カードローン会社からの一括請求の対処方法

すでに返済が遅れて滞納している状態で、一括請求されても一括返済はできない場合が多いと思います。

他のカードローン会社から借金をして返済することを考えるかもしれません。

しかし、一括請求された時点でブラックリストに載るため新たな借金をすることはできません。

現実的な対処方法としては、分割払いで支払うことができないかカードローン会社に相談することです。

一括請求が来てすぐに相談をすれば、まだ今までのように分割払いで支払うことを認めてくれる可能性があります。

相談するときのポイントとしては、支払う金額や日時を明確に伝えることです。

例えば、「15日が給料日なので15日になったら、必ず〇万円払います」と約束を交わすことがポイントです。

しかし、一括請求が来たということは、分割払いを認めないとカードローン会社が意思表明したということでもあります。

はっきり言って一括請求が来た時点で、あなたの支払いの信用度はほとんどありません。

なので、分割払いの相談をしても聞き入れてくれない可能性が高いことは覚えておいてください。

・裁判所からの一括請求の対処方法

裁判所からの一括請求が来た場合、応じなければ強制執行となり財産や給料が差し押さえられます。

ただ裁判に応じることで強制執行は避けることができます。

借金の支払いから逃れることはできませんが、裁判に応じて話し合いをすることで分割払いにすることは十分に可能です。

ただどのような返済プランになるかは、裁判所での話し合いによって決まります。

場慣れしていないと不利な条件で和解をさせられる可能性もあります。

特に公正証書には注意が必要です。

公正証書を取られると次に滞納した場合には即強制執行による差し押さえが実行されます。

3.カードローンの一括請求が払えない時の対処方法

カードローン会社に相談をしても、受け入れてもらえない場合や厳しい条件を突きつけられることもあります。

一括請求が来た時に払うことが難しいという場合には、弁護士に債務整理の相談をすることをお勧めします。

債務整理をすることで借金の減額をしたりチャラにしたりすることができ、借金問題を根本的に解決することができます。

また弁護士に債務整理を依頼して時点で取り立てが止まるので、裁判所からの一括請求が来なくなったり強制執行されるのを防ぐこともできます。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

・債務整理のデメリットは実質的にない

債務整理にはメリットだけではなく、ブラックリストに載ってしまうというデメリットがあります。

でもカードローン会社から一括請求が来た時点でブラックリストに載っています。

なので、債務整理をすることによるデメリットが実質的にないことになります。

債務整理をしてもしなくても5~10年間は新しくローンを借りることができなかったり、クレジットカードを作れなくなったりします。

それなら債務整理をして借金を減額したほうがいいとは思いませんか?

すでにカードローン会社から一括請求されて支払いが難しいという場合には、債務整理を検討してみることをおすすめします。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ