借金の延滞・滞納ですぐに一括請求やブラックリストになる?

借金 延滞 滞納

キャッシングや住宅ローンなど様々な借金で返済を延滞・滞納してしまうこともあるかと思います。

もし借金を延滞・滞納したときには様々なデメリットがあります。

  • 一括請求
  • 裁判
  • 差し押さえ
  • ブラックリストに登録
  • ローンが組めなくなる
  • クレジットカードが使えなくなる
  • 遅延損害金
  • 強制執行

こういったデメリットがありますが、どういったタイミングでデメリットが発生するのかはそれぞれとなります。

そこでこの記事では借金を延滞・滞納した場合どうなるのかについて詳しく説明していきます。

また借金を減額する方法も併せて紹介していきます。

1.借金を延滞・滞納した場合どうなるのか?

借金を延滞したら、ひどい取り立てにあって怖い思いをするのではないかと想像する人もいますが、すぐにそんなことにはなりません。

闇金は別ですが、消費者金融や銀行であればそこまで怖い思いをすることはないでしょう。

昔は消費者金融でも怖い思いをした人もいるみたいですが、今は取り立てにも制限があるのでそこまで厳しいものはないようです。

※闇金の場合は、違法であることを承知の上でやっているので、どんな手を使ってくるかわかりません。

・取り立てステップ1:電話やはがきで連絡が来る

借金の返済を延滞・滞納するとまずは消費者金融やクレジットカード会社、カードローン会社などの債権者から電話やはがきで連絡が来ます。

その連絡が決してきついものではなく

「返済日に入金が確認されていません。いつ頃に入金が可能ですか?」
「引き落とし日に引き落としができなかったので、再引き落としは○月〇日に行います」

といった内容です。

消費者金融や銀行、カードローン会社などから電話がかかってきたときに「いつまでに振り込むか」をはっきりと示せば特に問題になることはありません。

 

ただそれでも向こうからの連絡を待つのではなく、こちらから連絡してどうすればいいかを聞いたほうがいいです。

少しでも早い段階で返済に意思を見せることで、相手に好印象を持ってもらえます。

・取り立てステップ2:内容証明郵便による一括請求

キャッシングの返済を1か月以上続けて延滞・滞納し続けると、徐々に貸金業者の対応は厳しくなってきます。

特に大きな分かれ目になるのが延滞・滞納から61日以上経った時からです。

2か月以上滞納し続けると、債権者から内容証明郵便で督促状が届きます。

その中身としては「遅延損害金を含めた残りの借金の一括請求」「返済に応じない場合は裁判を起こす」というような内容です。

 

内容証明郵便による督促状が届いたあとに債権者に相談をしても分割払いを受け入れてくれる可能性は低いです。

督促状による一括請求が行われたということは、「あなたはまともに返済をしないので、お金を貸し続けるのは無理です」と言っているようなもので、あなたへの信頼は0になっています。

信頼できない人から分割払いで支払うなんて言われても、どうせまた支払いが滞ると思いますよね。

なので、債権者に相談をするのであれば、内容証明郵便による督促状が届く前に行いましょう。

 

一括請求される前であれば、滞納金を支払うだけでいいので、まだ自力で何とかできる可能性が高いはずです。

もし一括請求されてしまったら、親や親戚などにお金を借りて返済するしかなくなります。

・借金を延滞した場合の取り立てステップ3:裁判を起こされて差し押さえ

内容証明郵便による督促状が届いても、返済を無視して滞納を続けていると、消費者金融やクレジットカード会社、カードローン会社などは裁判を起こします。

裁判を起こされたら確実に負けます。

身に覚えのない借金でない限り、裁判を起こされたら貸金業者が勝ちます。

貸金業者が裁判で勝ったら、強制執行による給料の差し押さえを実行されることになります。

差し押さえられる金額は、給料の4分の1の金額となっています。

 

ただこれによって会社に借金をしていることがバレてしまいます。

借金をしてまともに返済しない人は信用がない人だと見られるので、会社での評価に関わるかもしれません。

 

このようにキャッシングの返済の延滞・滞納し続けていると最終的には裁判を起こされ給料を差し押さえられてしまいます。

そうなる前にきちんと返済をするか、どうしても返済ができない場合は、後述する借金の返済方法を参考にしてください。

2.借金を延滞・滞納した場合の利息や遅延損害金はどうなる?

借金の返済を延滞・滞納した場合、通常の利息でなく遅延損害金がかかります。

遅延損害金は通常の金利よりも高い金利が設定されています。

つまり、滞納し続けていると今までよりも借金の金額が膨らみやすいということです。

遅延損害金の金利は会社によって異なりますが、おおよそ20%程度です。

実際に大手のキャッシングの遅延損害金の年利をまとめました。

貸金業者 遅延損害金年率
みずほ銀行カードローン 19.9%
三井住友銀行カードローン 19.94%
三菱UFJ銀行カードローン 借入時の金利(1.8%~14.6%)
楽天銀行ス-パーローン 19.9%
プロミス 20.0%
アコム 20.0%
SMBCモビット 20.0%

 

実際にかかる遅延損害金の計算方法は

遅延損害金=借入残高×遅延損害金年率 ÷365日 × 延滞日数

例えば、50万円の借金をしている状態で30日延滞してしまった場合は

50万円×20%÷365日×30日=8219円

 

結構な遅延損害金が取られることが分かると思います。

もしうっかり返済日に返済を忘れてしまったという場合には、こちらから貸金業者に連絡を取りなるべく早めに入金を済ませるようにしましょう。

貸金業者によっては、2,3日の遅れでは遅延損害金が発生しないこともあります。

遅延損害金は日割りで計算されるので、なるべく早く返済するようにしましょう。

3.借金を延滞・滞納した場合、信用情報はどうなるのか?

信用情報で気を付けたいのは、事故情報が載る(ブラックリストに載る)というやつです。

信用情報に事故情報が載ると、

  • 自動車ローンや住宅ローンを含めすべてのローンの審査が通りにくくなる
  • 新しくクレジットカードが作れなくなる

といったようなデメリットが発生します。

 

借金返済を数日延滞した程度では、信用情報がブラックになりません。

数日くらいでは信用情報の記録や履歴は残らないと書いてあるサイトもあるのですが、実際には1日でも返済に遅れると信用情報に「遅延」の記録や履歴が残ります。

ただ信用情報に1回遅延の情報が載ったくらいでは、ローンが借りられなくなったり、クレジットカードが使えなくなったりはしません。

それほど大きな影響はないと思って大丈夫です。

 

ただ数日の遅延を短期間で2回3回と繰り返すと、事故情報が載る可能性が高いです。

支払日にきちんと返済をすることで信用を積み重ねることができます。

たとえ数日の遅れでも、遅延は遅延なので、どんどんと信用が失われていくというわけです。

遅延の情報が載ったくらいで特に大きな問題が起こらないからと言って、油断するのではなく、返済日にはきちんと支払うようにしましょう。

・借金の返済を61日以上延滞を続けているとブラックリストに載る

延滞の情報であれば、それほど悪影響を及ぼすことはないのです。

しかし、ブラックリストに載るとローンやクレジットカードの審査がほとんど通らなくなります。

どのタイミングでブラックリストに載るのかと言いますと、61日以上の延滞です。

ブラックリストに載りたくないという場合は、なるべく早めに返済をしましょう。

3.借金の延滞金を減額することはできるのか?

借金を滞納すると、遅延損害金というお金が科せられることになります。

迷惑料みたいなもので、本来返すべきときに返さないわけですから、仕方ありませんね。

それで、遅延損害金をできれば支払うとなると返済がより厳しくなるので減額することはできないのかと考える人も少なくありません。

 

遅延損害金については、早めに支払うことで免除してくれる可能性があります。

例えば、数日遅れ程度では延滞金なしで大丈夫という貸金業者があります。

なので、延滞金をなるべく支払いたくないのであれば、1日でも早く貸金業者に連絡をすることをお勧めします。

 

また延滞金を含めた借金全体の減額を行いたいのであれば、弁護士に債務整理を依頼するという方法もあります。

債務整理を行えば、借金の減額し、場合によっては0円にすることもできるのです。

債務整理の手続きが複雑で大変なので、専門家である弁護士に依頼をするのが一番スムーズに進みます。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ