年金は借金の未払いがあると差し押さえられる?差し押さえ禁止?

Fotolia_54349057_Subscription_Monthly_XXL_R

  • 年金は借金の未払いや滞納があると差し押さえられるのか?
  • 借金の滞納で年金が差し押さえられるときに金額は決まっているのか?
  • 借金の未払いで寝金の差し押さえは違法?差押禁止って本当なのか?
  • 借金の滞納したとき銀行口座の中にある年金は差し押さえられる?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では年金の差し押さえについて詳しく説明していきます。

1.借金を滞納して年金が差し押さえられることはあるのか?

働いているときに借金をしていても、年金をもらう前に返済しておこうと思う人は多いと思います。

しかし、実際にはなかなか返済できない人というのも多いですね。

また、事業をやられている場合だと、年金をもらっていても働いていますし、借金が残っていることもありますよね。

こんな風に、年金をもらいながらでも借金の返済をしている人というのは案外たくさんいます。

借金の返済をしているときに一番怖いのは、借金の滞納による差し押さえです。

生活の基盤になっている年金が差し押さえられてしまったら生活をするのが苦しくなってしまいますよね。

 

しかし、年金は差し押さえ禁止となっています。

借金の返済せずに滞納を続けていると、最終的には裁判を起こされて、強制執行による差し押さえが実行されます。

差し押さえでは、給料や口座、家、土地などが差し押さえられますよね。

しかし、年金は差し押さえの対象外となっています。

なので、借金を滞納したとしても、年金がもらえなくなるということはないので安心してください。

2.銀行口座に入っている年金は差し押さえられる可能性あり

借金を滞納した場合の差し押さえでは、注意点があります。

年金をもらう時に差し押さえられることはないのですが、もらった後のお金は差し押さえられる可能性があります。

 

銀行口座に振り込まれた時点で「年金からただの貯金」に変わるので、他のお金と同じような扱いになります。

貯金があれば、差し押さえの対象ですし、普通に考えて借金の返済をしなければいけないのは当然です。

最悪のタイミングだと、年金が振り込まれた直後に銀行口座の差し押さえをされるということもありますね。

この場合は、取り消しの申請をすれば、取り消してもらうこともできますが、お金は一部しか戻ってこないこともあります。

 

また銀行系カードローンでお金を借りている場合、滞納をしていると銀行口座が凍結されます。

銀行口座にあるお金は銀行に取り上げられることになります。

また銀行口座が凍結されることにより、その口座の入出金がしばらくできなくなります。

もし銀行系カードローンを利用している場合には、年金が振り込まれる口座は別に作ったほうが安心です。

3.年金を担保にした借金の場合は差し押さえられる

一般的には年金を担保にしてお金を借りることができないことになっています。

しかし、独立行政法人の福祉医療機構というところでは、例外的に年金を担保にしてお金を借りることができるようになっています。

この場合は年金を担保にするので、未払いが生じた場合には年金の差し押さえが実行されることもあります。

ただ支払いについては、多少融通が利くみたいなので差し押さえになる前にきちんと相談をするようにしましょう。

4.借金の返済に困ったら差し押さえ前に債務整理がおすすめ

借金の滞納をしても年金が差し押さえられることはありません。

しかしだからと言って、借金の滞納をし続けるのはよくありませんし、銀行口座が差し押さえられる可能性もあります。

借金の返済に困ったら、弁護士に債務整理の依頼をするのがおすすめです。

債務整理をすれば、借金を減額することができ、今の収入状況でも返済を可能にしてくれます。

借金をし続けるよりも、完済してしまったほうが、その後の生活も楽になります。

年金生活という限られた収入なのであれば、早めに借金に対処することをお勧めします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

・自己破産をしたとしても年金が差し押さえられることはない

債務整理の中でも最も強力なのが、自己破産です。

自己破産をすれば、借金をチャラにできるので、どうしても借金が返済できないという場合には自己破産をすることになるかと思います。

この時年金が自己破産によって差し押さえられたり、没収されないか心配になるかもしれません。

でも、他の差し押さえと同じように、自己破産をしても年金が差し押さえられることはありません。

自己破産後も問題なく年金を受給し続けることができるので、安心してください。

まとめ

年金というのは基本的には差し押さえをすることはできません。

しかし、だからと言って借金を放置しておいていいということはありません。

しっかりと返済することが望ましいです。

望ましいですが、どうしても返済ができないという場合には弁護士に債務整理の相談をすることをお勧めします。

債務整理をすれば借金を減らすことができるので、今よりかだいぶ返済が楽になるでしょう。

落ち着いた生活を手に入れるために一度弁護士に相談することをおすすめします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ