借金滞納で裁判所に呼び出されて無視・欠席するとどうなる?

借金裁判 無視

  • 借金の未払いによる裁判所からの呼び出しを無視するとどうなるのか?
  • 借金裁判に欠席するとどうなるのか?
  • 借金の裁判で出廷できない時は弁護士と司法書士どちらの頼んだほうがいいの?
  • 身に覚えのない借金の裁判の申し立てなら無視しても大丈夫?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では借金裁判の無視した場合について詳しく説明していきます。

1、借金裁判で呼び出しを無視するとどうなるのか?

借金を滞納してもすぐに裁判所からの呼び出しがあるわけではありません。

大抵はその前の段階で業者から「法的手段を取ります」という脅しのような通知が来ることもありますね。

借金を滞納し始めた段階では貸金業者から電話やハガキによる催促が行われます。

その後、内容証明郵便による一括請求の督促状が届きます。

それをも無視し続けると裁判所から督促状が届き、呼び出されることになります。

貸金業者からお金を借りているのであれば、裁判を起こされたら確実に負けます。

借金をしているのに、契約通りに返済しないほうが悪いに決まっていますからね。

・裁判に出席しないと無条件で負けを認めることになる

借金裁判で、負けるからと言って無視したり欠席するのはよくありません。

裁判所からの督促状が届いてから2週間以上無視を続けていると、自動的に裁判で負け、強制執行や差し押さえが実行されることになります。

裁判所に異議申し立てをしないと無条件で負けを認めることになるので、相手の言い分をすべて認めてしまうことになります。

生活に必要なもの以外で資産となっている財産(車や家や預金など)を強制的に差し押さえられたり、給料の一部を借金を完済するまで差し押さえられたります。

こちらの都合はお構いなしです。

お金は借りたら返すものなので、強制的に返済させられるよりも自分の意志で返済していく方がいいですね。

2.借金の未払いで裁判所から呼び出しがあったらどうすればいいのか?

仮に裁判に出席したとしても借金をしていたら負けるのですが、それでも話し合いが行われます。

裁判所を通しての話し合いでは、分割払いで返済していくことになります。

和解の条件によっては、利息や遅延損害金を含めて借金を返済することになるので、今まで以上に返済が苦しくなることもあります。

また裁判所での話し合いを行っても、相手が強制執行や差し押さえを要求してくることもあります。

法律についての知識がないと、うまく対応することができず、不利な条件で和解をすることになる可能性が高いです。

 

不利な条件で和解をしたくないのであれば、弁護士に債務整理の相談をすることをお勧めします。

裁判所から督促状が届いてからすぐに債務整理を弁護士に依頼すれば、借金裁判の申し立ては取り下げてくれることが多いです。

債務整理をすれば、今よりも借金の返済額を減らすことができるので、無理なく借金の完済を目指すことができます。

裁判を起こされた借金以外の業者からも借金をしているのであれば、債務整理をして借金を整理したほうがいいですよ。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

3.借金裁判に行けない時はどうすればいいのか?

借金裁判になった時、タイミングによっては債務整理が間に合わないこともあります。

借金裁判に自分一人で出廷できるのであれば、裁判所に行きたくない人の方が多いと思います。

それに平日の昼間に呼び出されることも多いので、仕事を休まなければいけません。

借金裁判に行けない場合は、代理人に代わりに行ってもらえます。。

しかし、家族や友人に借金裁判の代理人をやってもらうことはできません。

弁護士と司法書士にしか借金裁判の代理人になる資格がありません。

・弁護士と司法書士のどちらに依頼するほうがいいのか?

単純な値段を考えれば、司法書士の方が安いことが多いです、

しかし、司法書士の場合は借金額が140万円以下で簡易裁判所での裁判である必要があります。

140万円を超えたり、簡易裁判所以外での裁判には代理人になってもらうことができないので注意してください。

借金裁判の代理人は裁判の経験が豊富なことが多い弁護士に依頼をするのがいいでしょう。

いざとなった時に経験不足なことが痛手になることがありますから、安心して任せるためにも弁護士に依頼することをおすすめします。

・借金裁判を弁護士に依頼するときの費用はいくらかかるのか?

借金裁判の代理人を弁護士に依頼するときのおおよその相場としては5万円ほどになります。

厳密な金額については、弁護士事務所ごとに多少異なるので、料金が気になる場合には、依頼する前に聞いておきましょう。

4.身に覚えのない借金なら裁判所からの呼び出しを無視してもいいのか?

借金をしていない貸金業者に裁判を起こされて、借金について裁判所から呼び出されるということもあります。

この場合には詐欺の可能性もありますが、裁判所からの呼び出しを無視してはいけません。

仮に身に覚えがなくても無視をするとこちらの負けが決まってしまうので、本当は借金をしていなくても支払わなければいけなくなります。

なので、しっかりと応じて裁判を行いましょう。

まあ、詐欺の場合は裁判に応じた段階で相手が現れないこともあるのですんなり勝つことができます。

仮に裁判になったとしても、契約書が存在するわけではないので、そこを突けば素人でも問題なく勝つことができるでしょう。

それでも裁判が心配な場合は弁護士に相談をするといいでしょう。

まとめ

裁判所からの通知も無視し続ければ、借金を踏み倒すことができるのではないかと考える人もいます。

しかし、裁判所からの呼び出しを無視し続けていても、借金を踏み倒すどころか強制執行で財産が差し押さえられてしまいます。

こうなるのが一番まずい展開です。

そういった最悪の事態になる前に、早めに弁護士に債務整理の相談をすることをお勧めします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

あなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ